最近の投稿

Archive for 8月, 2014

決算月翌月は安く出回るのでお得って本当?

車は大きな買い物です。気に入ったものを買うのが一番ですが、お値段がそれなりにするのでできれば安く買いたいですよね。決算翌月が安く出回るのでお得という話を聞きますが、本当なのでしょうか。
決算とは4半期ごとの決算となるので、6月、9月、12月、3月が決算期となります。年度末の3月の翌月、4月が一番お得なのでしょうか。
実はそうではありません。一番安いのが3月です。というのは自動車会社側の都合によります。株主に少しでもよい報告をするために、業績を上げる必要があります。そこで販売目標を設定して、販売店にノルマを課して売上アップを図るのです。そのため、大幅な値引きもあり得るわけなのです。それでは決算の翌月がお得というのは全くのデタラメなのでしょうか。いいえ、実はそうでもないのです。
未使用車は決算の翌月が最もお得になるのです。というのは、3月の決算期に課されたノルマを達成できそうにない場合は、販売店は自社購入でノルマを達成し、その車を未使用車として翌月から販売するためです。一度販売店によって名義登録はされていますが、一度も使用されていないまさに未使用車です。ほぼ新車なのに、安い価格で購入できるのでお得なのです。

未使用車を購入するのにお得な時期ってあるの?

未使用車を購入するのにお得なタイミングというのがあります。このタイミングを見計らって購入するようにすれば、安い値段で購入することが可能です。毎月1万から3万台くらいのペースで未使用車は発生しますが、その中でも市場に出回る量が増えるタイミングがあるので、それがお得な時期ということになるでしょう。

そのタイミングに探すことによって自分が購入したいと思っている車種やグレード、色が見つかるかも知れません。まず未使用車は、決算月の翌月に増えるのが特徴です。なぜ翌月なのかといえば、決算月になったらトップの自動車メーカーが最後に追い上げるために1台でもたくさん売るようにディーラーに圧力をかけていくのです。ですから決算が発表された数字によって、業績を残したいという策略もあって増えるのです。ディーラーが自社購入をして、そしてノルマをクリアにして未使用車にして翌月から販売をスタートするという流れで市場に出回りますので、決算月、つまり3月と9月になると増えるので、それが必然的に、安くなることにつながります。

ですからもし未使用車を購入したいと思っている人はこのタイミングを狙って購入するようにすれば、安く手に入るチャンスになるかもしれません。

業者に未使用車を探してもらうには

中古車の中には未使用車が含まれていることがあります。新古車と呼ばれることもあります。未使用ですから、誰も乗ったことのない車で、程度は新車と同等です。未使用車は新車登録済みの車ですので、初回車検までは3年より短くなっていますが、法定費用も支払済みで、お得なことが多いです。

なぜ、このような未使用車が存在しているのかというと、元展示車であったり、販売台数を増やすためにディーラーが新車登録したようなケースもあります。決して傷がついた訳あり商品ではありません。見つけることができたら幸運な中古車と言って良いでしょう。

未使用車を探すのは実はそれほど難しいことではありません。インターネットの中古車検索サイトを利用して、年式が新しい順、あるいは走行距離が短い順に表示させれば、未使用車を見つけることができる可能性があります。ただ、全国対応となるので、遠くの地域では買いに行くことができません。地元で探したい方は、中古車業者に探してもらうのが良いでしょう。申し込みはその旨を伝えておけば良いと思いますが、車種を限定すると、なかなか見つからないかもしれません。中古車店では、オークションなどで出回っている未使用車を見つけて、紹介してくれます。

ネットで未使用車を探す方法について

車を購入する際に、新車で買うか中古車で探すかは迷うところです。同じ車を長く大切に乗り続けることが出来る人には新車購入もお勧め出来ますが、すぐにデザインや乗り心地に飽きてしまう人には中古車を選択し色々な車種を乗り継いでいった方が楽しめるでしょう。また、経済的な理由から新車を購入するのは厳しいという方もいます。そこでお勧めなのが未使用車を選択する方法です。未使用車というのは、はっきり言ってしまえば新車と同じ状態の車です。新車との違いは一からエクステリアやインテリアの細部を選ぶ事が出来ないという事だけなので、自分好みの未使用車を見つけることが出来れば購入することをお勧めします。お店を一件一件まわらなくても、今はインターネットで全国の中古車から未使用車を検索する事が可能で大変便利です。全国に展開しているチェーン店などでは、他の遠方の支店に希望の車がある場合には取り寄せをしてくれる所も多いので、使い勝手が良いです。ただし気をつけて頂きたいのは、一旦取り寄せをしてしまうと購入を必ずしなければならない可能性が高いということです。ただ取り寄せをする時点で当然店側から注意点について説明はあると思います。

未使用車を探す方法って?

新車と変わらないほど綺麗な状態にも関わらず、安く購入する事ができるとして人気の未使用車ですが探し方はいくつかあります。
まず挙げられるのがディーラーです。
ディーラーでは展示車や発注ミスによって発生した未使用車を扱っている事もありますので、気になる車種がある際にはディーラーに相談してみるという手があります。
中古車販売店でも未使用車を扱っている事があります。
中には未使用車専門の販売店もありますし、そういった専門業者の場合ですと軽自動車からコンパクトカー、ミニバンなど、あらゆるボディタイプを扱っているケースもあります。
他にもネットで探すという手もあります。
中古車探しをする際には車情報サイトがよく活用されていますが、車情報サイトには未使用車の情報も掲載されている事がありますのでチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。
因みに気になる未使用車が見付かった時には早めに行動する事が大切です。
やはり車を購入される方の多くは安く買いたいと思っていますので、状態が良く尚且つ安く買える未使用車はとても人気があります。
時には早い者勝ちになってしまう事もありますので、気になる一台が見付かったら迅速に行動したいところです。

未使用車を購入するメリットとデメリットについて

未使用車とは、ディーラーのショールームなどで主に展示用として用いられていた車で、それほど走行距離が出ていない車のことを言います。モデルチェンジなどで分類上は中古車として市場に出回りますが、「新古車」とか「未使用車」ということで販売されます。この未使用車を購入するメリットは、何といってもほとんど走行距離がないにも関わらず、中古車と同じ値段で入手することができるということです。もちろん展示車として用いられていた場合は不特定多数の方が運転席や助手席などに乗り込んでいたことが考えられるのですが、一般の中古車に比べればほとんど新車に近いコンディションであることが大きな魅力です。特に展示車であるならば、車の心臓部であるエンジンやトランスミッションはほぼ無使用に近い状態であるため、これを購入できるということは非常にラッキーだと考えることができるでしょう。一方で、車のグレードやメーカーオプションなど工場出荷時に装着する必要のあるアクセサリーについては自分の好みで選択する自由を諦めざるを得ないというデメリットがあります。つまりボディカラーや内装などについては現状のまま満足するしかないということになります。

未使用車と在庫車って何が違う?

車を買う際に知っておきたい用語はいくつかあります。その一つが未使用車と在庫車です。どちらも店頭にあって使用していない車というイメージですが、実は明確な違いがあるのです。
前者はディーラーの事情で新車をナンバー登録し、車検を付けたけれど所持者が付いたことがない車。後者は自社倉庫にストック分の車なのです。つまり、通常車を購入しても手元に届くまでには1ヶ月ほどかかってしまいます。この時間のロスをなくすために、人気があって確実に売れるだろうという車は、その分だけメーカーに発注をかけておいて、自社の倉庫にストックしておくのです。人気車なのでディーラーはゆっくり時間をかけて売っていけばいいのですが、思ったより売れなかったり、3月の決算期に1台でも多く売りたいという時、こういった種類の車が販売されるのです。
思ったより売れなかった場合は大幅な値引きがされることがあります。というのは新車の場合メーカーから出荷されて9ヶ月以内であれば、陸運局で登録する際に書類だけで手続きを完了できますが、9ヶ月を過ぎると実物の車を持っていかないと完了できないためです。同じ車でも9ヶ月に近いほど大幅の値引きの可能性が高いのです。

未使用車と新古車って何が違う?

車を買う際に注意したい用語はいくつかありますが、新古車と未使用車の違いもその一つです。前者がショールームなどで展示されていたりして登録や使用の経験がないもののこと。後者が一度誰かの手に渡って登録はされたけれど、ほぼ未使用というイメージですが、実は中古車販売業者においては、両者とも中古車で、登録されたことがないか、登録されたかの違いなのです。登録されただけの車は新車とは言えないので、両者とも未使用車という言い方に統一されているのです。
新品と新車はイコールではないですし、中古品も中古車もイコールではないのです。あまりありえない話ですが、私有地で乗り回しても未登録なら新車ですし、全く走行していなくても登録済みならば中古車なのです。
車にあまり詳しくない人にとって、車を購入する際に、こういった表記は紛らわしいことから、自動車公正取引協議会によって、上記のように統一されているのです。しかし、販売目的でなくディーラーなどで使われる専門用語として、製造されてから6ヶ月以上の長期在庫の車をこう呼ぶこともあります。
車を購入する際は、紛らわしい表記に騙されないように、ある程度の知識は身につけてからのぞむべきです。

未使用車の定義について

定義は、明確に規定されていません。しかし販売店側とユーザー側の間で共有されているであろう定義について解説します。
一般の新車は、ディーラーやサブディーラーなどでユーザーから注文され、その注文の仕様に応じて自動車メーカーで1台1台製造され、それが注文を受けたディーラーなどに運ばれてユーザーに納車されます。この際ユーザーが確定した状態ですので運輸支局への登録は注文をしたユーザーの名前で行われます。
しかし未使用車の場合には、ユーザーからの注文がないにもかかわらず、自動車メーカー側の判断で見込み生産を行って全国のディーラーやサブディーラーの納車される車で、注文を受けていないためディーラーやサブディーラーなどの名称で運輸支局へ登録される車のことを指します。
ディーラーなどではそんな何台もの新車を登録しても誰も乗るわけではないため、そのまま店頭にて登録済み未使用などとして「一度運輸支局に登録されている以上中古車だけど、誰も乗っていないので新車と同じ状態ですよ」と販売するわけです。
時々そういった車を専門に扱う専門店があり、そこには複数の自動車メーカーの車が同様に並べられています。
なんでそんな面倒くさいことをするのかと思うでしょうが、実は自動車メーカーにおける計画生産をするうえで一定量の製造をするうえで役立つということが言われますが、実際には特に軽自動車で見られますが「軽自動車登録台数日本一」というような数字を調整する働きがあるようで、年度末に大量に登録された未使用の車が、4月以降全国の販売店に並んでいます。