最近の投稿

Archive for 2月, 2016

リフレクターの使い方

リフレクターは夜間運転中の衝突による事故を防止するため、無灯火駐車をしていても車の位置が視認できるようにするための灯光反射器です、反射板とも言われます。
尾灯の電球が切れた状態で走行している車を認知するのにも役立ちます。
他に特別な使い方はありませんが、法律上リフレクターは赤色かつ100メートル後方から視認できる物でなければいけません。
更にテールランプより明るさが強く、ブレーキランプから10センチ以上離れていて取付高が25センチ以上1メートル以下、2つ装着するなら左右対称の位置に、1つだけなら車体の中心もしくは右側に付けるという条件を満たしていなければなりません。
通常の車両の場合形は三角形でなければ丸でも四角形でも問題ありませんが、トレーラー等のリフレクターは必ず赤い三角形でないとなりませんので注意が必要です。

自転車の場合は常に装着する必要はないものの、夜間の道路やトンネル内など50メートル先まで明瞭に見えない場所を尾灯に点灯せずに走行するにはリフレクターを付ける必要があります。
夜間後方100メートルから車の前照灯で照らして反射光を分かりやすく確認できる事と、赤色または橙色であることが条件です。

バックフォグランプの使い方

バックフォグランプは、濃霧や豪雨が発生して視界が制限されている状況下で後方を走行する車両に自車の存在を知らせるために設置されるランプです。基本的に同じく後方部にテールランプやブレーキランプなどよりも明るい赤色であったりすることも多い特徴があります。

特に外国車には、濃霧などの視界を遮る気象条件が発生することも多く、搭載されているケースも多いです。日本車でも一部の車種では搭載されていることもあります。

ただバックフォグランプの点灯は、濃霧などの視界を遮る状況がない場合で使用すると後続車を運転する人にとってはまぶしかったり、場合によってはブレーキランプと誤認する可能性があります。そして、それが元となり見間違いを起こし事故などに繋がったりすることもあります。

また後続を走行する車の運転者にとって迷惑を感じることも多く、ストレスを感じる原因となってしまいます。バックフォグランプは、スイッチで点灯させる仕組みになっていますので、視界を遮る気象条件でなければ、極力点灯させないのがマナーとなります。

最近は自車をアピールするためのファッションの一部としても採用されているケースがありますが、視界が悪い悪天候以外は点けないのが適切な利用の仕方となります。

 

 

バックアップランプの使い方

安全な運転には不可欠となるバックアップランプですが、ギヤをバックする状態にすれば必然的に連動してランプがつくようなシステムになっています。法的には白い発色が定められていますが、夜間の見易さを重視していく傾向もより一層強まっておりここ数年では素材にこだわりを持つような内容も見直されているのです。自動車は燃費の良さがクローズアップされますが、それと同様にバックアップランプも効率がよく発色に優れた性能が求められるようになっています。昼夜安全な運転ができるようにメーカー側がまずは案を出していくことが大切となり、それに消費者が反応を起こす事柄が大事な側面になっているのです。
それに加え自動車を日ごろ運転しないという方にも、バックアップランプの意味を理解してもらうことが大事です。道路上での事故をゼロにしていくことを目標にして、一人一人ができることをしっかりと実行していく部分も現在では問われています。
これまで示した内容をまとめれば、バックアップランプは理にかなった存在として認知されているという部分がかわっていくのです。法的に定められた内容を見ながら、自動車の各パーツの意義を考えるのもよい機会なのです。

ストップランプの使い方

普段、ドライブをするときほとんど意識していないのがストップランプかもしれません。ブレーキを踏むと自動的に点灯するランプです。ドライバーがあまり意識することはなくても、非常に重要な役割を担っているのがこのストップランプで、このランプのおかげで、後方を走っているクルマから追突される危険を軽減させることができるのです。

後方を走っているクルマは、前方を走るクルマが減速したとき、それをすぐに判断することができません。そのために追突のリスクは生じます。しかし、ストップランプが明るく点灯すると、それにより後方のドライバーは注意が喚起され、前方を走るクルマが減速したことがわかります。そして、前方のクルマとの距離を計算しながらそれに合わせて減速していくことができます。

このストップランプがどれほど大きな効果があるかということは、テールライトと一体になったランプの他に、さらにリアのエアロパーツに組み込んだり、リアウィンドウの内側に設置したりすることによって、大幅に追突事故が少なくなったというデータからも裏付けられています。そのため日ごろから安全のためにも、ストップランプが切れていないかをチェックすることが大切です。

ブレーキランプの使い方

車を安全に停止させるためにはフットブレーキを踏みます。それと同時に、リアのブレーキランプと、車種によりますがハイマウントストップランプが点灯します。ですので、「ブレーキランプの使い方」と言われても、首をかしげたくなるのは自然でしょう。
まず、ブレーキランプの存在意義を確認しましょう。後続車に対して「速度を落としていますよ」ということを教えるために装着されているのです。だからといって、必要以上にフットブレーキを使う必要はありません。かなりの下り坂でもない限りは、アクセルを離すとエンジンブレーキがかかって緩やかに速度が下がるためです。反対に頻繁にフットブレーキを使うと、後続車のドライバーに対して危険予知を促す行為になりますので、迷惑になることもあります。急な下り坂の場合はフットブレーキを踏み続ける場合が多いです。後続車に対しては危険予知効果は抜群ですが、ペーパーロック現象と言って、場合によってはブレーキが効かなくなる恐れもあるので、こんな場合はフットブレーキで少し減速してから速やかにシフトダウンしてエンジンブレーキを有効利用しましょう。
夜間走行時は注意が必要です。車によっては、テールランプとブレーキランプが一体化しているため、バルブが切れていると、ブレーキをかけていることに気づけない可能性があるのです。バルブが左右同時に切れるということは滅多にありませんが、ハイマウントストップランプのない車もまだ多く存在しているため、発見が遅れても不思議はありません。
ということは、いつ愛車のバルブが切れてもおかしくないのです。日頃からブレーキランプが正しく灯火しているか確認するようにしましょう。

車の最後尾にある赤色のランプの役割と使い方

一般的な自動車で国内で走行させることのできる車種の場合では、車の最後尾にある赤色のランプを見ることができます。国内ではどの車種であっても取り付けられているものになり、尾灯という名称を用いる場面がありますが、現在ではテールランプと呼ぶことが多い傾向にあります。テールランプの役割については、運転者本人は確認できる位置にありませんが、一般的には後続車両に車両の存在を知ってもらう役割になります。特に夜間走行を行っている場合では、重要なパーツとして用いられていることになり、スモールライトを点灯させた時点で連動する形でテールランプも発光するタイプが多いものです。現在ではより一層視認性を高めることを目的にして、LEDなどを活用しているテールランプも見ることができます。ランプ周囲には反射板などが設置されていることも多く、昼間であっても視認性を高める効果があり、夜間であっても後続車のヘッドライトによって反射する能力も備わっていることになります。欧州車に多く見られるものとしては、テール用のフォグランプなども見ることができ、このタイプでは視界不良の道路状況であっても後方を走行している車両に存在を報せることに役立っています。

ウィンカーレンズの使い方

自動車に数多くの保安部品が使用されています。他の車に対して車線変更や曲がるといった行為がわかるようにするためウィンカーレンズがついており、これも保安部品なのです。
ウィンカーレンズは方向指示器とも呼ばれています。保安基準では橙色と決められており車の前部と後部、側面に取り付けられています。
ウィンカーレンズの使い方として左右に曲がる場合の進路変更の合図として使用します。左右に曲がる場合は交差点などの手前30メートルから方向指示器を点灯させ合図を開始するように定められています。
また道路の右側、左側によ寄ったり中央に寄るために進路変更を行う場合も30メートル手前からとなっています。
道路の左側の路肩に停止している状態から発進する場合は右側への方向指示器を出すことが一般的になっています。
ウィンカーレンズにはハザードとしての使い方があり、両方のウィンカーレンズが点滅してハザードランプとして危険を知らせる方法があります。
例えば停止して駐車するような場合に周りに知らせるためにハザードランプを点灯します。また牽引などで低速にしか走行出来な場合も使用し、高速道路などで渋滞の最後尾となった場合に後続車へ知らせるようにハザードランプを使用します。

ハザードランプの使い方

ハザードランプは車体後方にある黄色の灯火を点滅させることです。ウインカーでは左右どちらかの黄色灯火が点滅しますが、ハザードランプは両方が点滅します。主に車内にある赤い三角形のボタンを押すことによって点滅させることができ、もう一度押すことで解除できます。
道路交通法では路肩への停車中や緊急時に点滅させなければならない場面がありますが、最近では車同士の意思疎通で利用されることが多くなっています。
信号機のない合流道路では本車線を走る車も合流車線を走る車もスピードが出ているため、合流車だけでなく周囲の車の気配りしだいで事故を防ぐこともできます。このとき、車間を開けてもらい合流に協力してくれた車に対し感謝の意をこめてハザードランプを点滅させることがあります。
また、駐車場において前進駐車が難しい駐車場では後退駐車が必要になります。しかし、後続車がいた場合は急に後退をはじめると事故の可能性があるため、あらかじめハザードランプを点滅させておいて後退駐車を知らせる使い方もあります。
これらは道路交通法において規定されているわけではありませんが、事故を防止するためのカーコミュニケーションとして多様な使い方をされるようになりました。

使用頻度が高いウィンカーの役割と使い方

運転中は右左折や車線変更、お店などへの駐車場に入ることがありますが、その際に確実に点灯させる必要があるのがウィンカーです。自分がどのように動くのかを周囲に知らせる為のサインですので、きちんと点灯させないと時には事故に繋がってしまうことがあるのです。
ウィンカーの使い方ですが、基本的には曲がる30m手前、車線変更をする3秒前という風に決まっていますので、決まりを守って使うことが大切です。きちんとサインを出すことによってこれからブレーキを踏むということも知らせることができますのでしっかりと点灯させるようにしましょう。
ただし運転中のシチュエーションというのは様々で、ルール通りに点灯させてしまうと却って危険になることがあります。
例えばスピードが出ている状態の時に30m手間でウィンカーを出しても遅いと言えます。特に後続車が近かったりする場合、止まり切れない可能性がありますので、もっと早くから点灯させた方が良いことがあるのです。
他にも曲がりたい交差点の手前に駐車場がある場合、時には駐車場に入る為のウィンカーと勘違いされてしまうことがあります。その為、駐車場から出ようとしている車が飛び出してくるようなこともあるのです。そういった場合はその車を通り過ぎてからウィンカーを出すなどした方が良いこともありますし、シチュエーションに合わせて臨機応変に対応しなければいけません。

車についているランプの役割と種類について

}PgžxQ自動車には、夜間走行や悪天候時、意思表示などを示すために、いろいろなランプ類が使用されていて、それぞれ役割が異なります。
ヘッドライトは大きな光量を発生させるライトで、夜間走行や悪天候時などに視界確保と他車や歩行者などに自分の存在を知らせます。
車幅灯は、日没前の薄暗い時や夜間の路上停車時など、他車や歩行者に車幅を知らせるために点灯する小さなライトです。
ウィンカーは、曲がる方向を示すために使用するライトで、オレンジ色と定められていて、点滅する仕組みになっています。
フォグライトは、濃霧などで視界が制限された時に使用するライトで、主に周囲を照射します。
テールランプは、後続車に自車の位置を知らせるためのライトで赤色と定められていて、ブレーキを踏むとやや強めに赤く発光するブレーキランプと一体化されている場合もあります。
ハイマウントストップランプは、ブレーキランプの一種で、後方からの視認性をより高めることを目的として設置されています。
バックアップライトは、バックギアに入れた時に白く光り、後方視界の確保と意思表示などの役割があります。
ナンバー灯 は、ナンバーを照らす白いライトで、後方のみ設置されています。
車内灯は、車内やドアを開けた時など点灯するライトです。