最近の投稿

Archive for 3月, 2016

法律にも役割がある!交通公害を防止している都市

最近、マツダはクリーンディーゼルエンジン搭載車を次々に登場させ話題となっています。欧州車もクリーンディーゼルエンジンを得意としていますが、トルクフルな走りとガソリンエンジンと変わらない静かなエンジン音、そして燃料費の節約ができることから人気となっています。

また、クリーンディーゼルエンジンでなければ東京や大阪など都心の道路を走ることができませんので、都心部で生活している方にとっては、なおのことこの新しいクリーンなディーゼルエンジンの登場を喜んでいることでしょう。たとえば、東京都では平成15年10月からディーゼル車の交通規制が実施され、平成18年4月からはその規制基準値がさらに強化されました。

ディーゼルエンジンから排出される排気ガスの中には、喘息や気管支炎の原因ともなるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)が多く含まれています。この交通公害による被害が年々増加していたことから、ディーゼルエンジン車が規制されることになったわけです。主にバスやトラックが対象なのですが、個人のディーゼルエンジン車の所有も同様に規制対象となりましたので、オフロードカーなどで根強い人気があるディーゼルエンジン車なども乗ることができなくなっていたのです。しかし、クリーンディーゼルエンジンは規制値をクリアしているので、安心して乗ることができるようになったわけです。

知らなかった!道路における交通の円滑を促すために

車を走らせている時にドライバーが頻繁に感じる事は、渋滞の問題なのではないでしょうか。この問題を感じるドライバーはかなり多く、それが運転上のストレスになって、時には無理な運転に繋がってしまうケースがあります。そうしますと、それが直接事故に発展するかも知れないので、ある程度スムーズな流れを作っていく事が色々な所に求められ低増す。国は道を管理する立場となりますから、交通の流れをできるだけ円滑にしていくような配慮をしていかなければなりません。新しい道を作るのも仕事の一つですが、法律によってルールを制定する事も国の仕事となります。このような事を国にばかり任せていても、良くはありません。決められたルールを守って走行を続けるのは、他の誰でも無く私たち一人ひとりのドライバーに掛かっています。まずは、走行位置をそれぞれに守って、お互いが気持ち良くスムーズに走行できるように配慮をしなければなりません。乗用車は左車線を走りますが、自転車は左車線の中でもかなり左寄りにします。同じ左車線でも走行位置を変える事で、接触事故を防げる訳です。その他にも、緊急車両がきた時の為に、一番右側の車線を平素から空けておく事も重要です。

重要!道路における交通の安全を図るために

最近、自転車による事故がクローズアップされ、各メディアで取り上げられる事も多く、街中を歩行したり自動車を運転していると自転車の事が今まで以上に気になります。そうすることで交通安全について無意識のうちに自己防衛しているのであり、以前その対象は自動車やオートバイだったのですが、自転車も加わり特に強調されています。

ついこの間まで、もう少しおおらかな気持ちだったと思うのですが、最近では逆走してくる自転車、スマートフォンに夢中の自転車、周囲を気にせずマイペースな自転車、不法駐輪している自転車などなど、気になりだしたらきりがないのです。

自転車の通行は、車道端を乗用車と同様に左側通行が原則で、標識がだされ許可のある場合や高齢者などは、歩道の通行も可能となっています。スマートフォンやミュージックプレーヤーのヘッドホン使用、傘の使用、複数台で横にならんでの走行は禁止です。小さい頃、基本的な事は学校やテレビの交通安全教室で教わったはずなのですが、いつの間にか生活にそくした曖昧で自分勝手なルールが普通となり、便利な物や楽しい物が危険因子となり、その積み重ねが、おおらかさの無い状況と交通安全を脅かしてしまったのです。

警察も広報や取り締まりを行い、自治体も自転車専用レーンの設置などを行っていますが、課題はまだまだ多く、ゆずりあいの気持ちなど善意のある意識づけが浸透しなければ、交通安全の自己防衛の対象に歩行者が加わり強調される時代が危惧されます。

知ってた?道路における危険を防止するための施策

普段何気なく通行している道路には、工夫を凝らした様々な危険防止策が施されています。それは国であり、県であり、市区町村です。
具体的な例示と併せて解説していきます。

狭い住宅街では中央に白線がないことがあります。一見すると、車がすれ違う時に危ないと思うかもしれませんが、人間の心理を踏まえて白線を無くしているのです。
白線があれば対向車とぶつからないと感じて車の速度が無意識に上がるのです。そこで白線を無くすと危ないと感じて無意識にスピードを落とすため、結果的に事故に繋がる可能性を低くしているのです。

次に高速道路では、山のほうへ近づくに連れて道路が蛇行しています。これも実はワケがあるのです。
人はまっすぐの道が長く続いてしまうと距離を長く感じてしまいストレスがかかります。また、ハンドルやアクセル、ブレーキを使う頻度が低くなるので眠気を誘ってしまうのです。さらにスピードがあがってしまっていることに気づきにくくなります。そこで適度に道路を蛇行させることで意識を運転に集中させているのです。

最近ではドライブコースで道路に凹凸をつけてメロディーを流すところもあります。これは観光の側面もありますが、スピードを抑えるための工夫なのです。適度なスピードで走るとメロディーもちょうど良く聴こえるように計算されているのです。

実は大切!道路交通法が作られた理由

道路交通法が作られたのは、もちろん事故を起こさないため、未然に事故を防ぐことが1番の目的だと言えます。
したがって、もし道路交通法に違反をすれば、厳しい罰則を受けることになるので、それによって違反者を減らすことができ、その結果事故の数も減少をするのです。
ただ、道路交通法が作れた理由として、もう1つ大きな目的があるのです。
それは、もし事故の被害に遭ってしまった時に、泣き寝入りをしないようにするため、被害者がしっかりと補償を受けられるようするためでもあるのです。
もちろん、事故が起きないのが1番の理想ではありますが、それでも事故が起きてしまうこともあるのです。
大切なのは、もし事故が起きてしまった時に、しっかりと適切な対処ができるよう法整備をすることなのです。
もし法律に不備があれば、例えばひき逃げをした方が罪が軽くなったり、その場で自首しない方が得をしたりするなど、明らかに不公平な事象が生じる可能性もあるのです。
それを防ぐためにも、道路交通法でしっかりと規定を設けて、事故を起こした側をしっかりと罰せられるようにし、事故の被害者側が報われるようにしたわけです。
もちろん、まだまだ道路交通法には課題や改善点もあるので、さらなる見直しも重要になってきます。

基本は運転姿勢を正しく!シートを調節することが大切

シートベルトを着用して運転をすればそれで安全という訳ではありません。安全の為には運転姿勢にも気を配る必要がありますので、正しい姿勢になっているのか確認してみた方が良いと言えます。
正しい姿勢で運転する為にはハンドルとの距離が大切です。運転があまり得意ではないドライバーにありがちなのがハンドルとの距離が近い状態の運転姿勢になっていることですが、距離が短いのは危険性があり、いざという時にしっかりと操作することができません。
適切な状態とはハンドルを掴んだ時に肘に適度なゆるみが持てる位の距離ですので、肘が曲がり過ぎたり腕が突っ張るようなら改善した方が良いと言えます。
安全運転の為にもシートの位置や角度も調整することが大切ですが、基本はブレーキをしっかりと踏み込める位置に合わせることです。咄嗟の時にブレーキを深く踏めない位置は危険ですので、エンジンを掛ける前に確認してみましょう。
そしてシートは倒し過ぎないことが大切です。ゆったりと運転する為に後ろ気味になっているドライバーもいるようですが、シートの角度が深いと前方の視認性に影響します。さらには姿勢の悪さによって腰痛などを引き起こす恐れもありますし、腰痛が発生するようなら姿勢が良くない可能性もあります。

車外に放り出されない?シートベルトがもたらす安全

交通事故に遭遇したくないと誰しも思うものです。しかし、自分では気を付けて運転しているつもりでも、信号無視や一旦停止を無視したドライバーによって、事故の被害者となってしまう場合があります。では、被害を最小限に食い止めて、自分の命を守るためにはどうすればいいのでしょうか。それは、必ずシートベルトを着用することです。シートベルトの着用は交通法規で定められていますので、どんなに短い距離であったしても必ず守るようにしましょう。では、シートベルトを着用するのはいつからでしょうか。それは、自動車を発進させてから行うのではなく、車に乗り込んだらすぐです。つまり、エンジンをかける前に着用することが大切です。時折、自動車が動いてる状態でシートベルトを着用する人の姿を目にします。自動車が動いている状態ですと、片手でハンドルを操作していることになりますので大変危険です。それで、車に乗ったならすぐに着用しましょう。着用することによって、車外への投げ出しを防ぐことができます。ベルトの着用は、運転手だけはなく助手席さらには、後部座席やチャイルドシートに座っている幼い子供や赤ちゃんもしっかり着用するようにしましょう。

ボディーが軽量化!最近の新型車両の特徴

最近、燃費が良くなったことをアピールする車を多く見かけますが、もちろんエンジン性能が向上したということもあるにせよ、一番の要因はボディーの軽量化です。特に軽自動車では無駄な部分を極力排除し、軽量化に取り組み、燃費の向上につなげてきました。このように、車体を減らし、魅力あふれる車にしようとしていますが、他にもこうする理由があるのです。

例えば、車が事故を起こした時、車のボンネットが大破しているようなケースをよく見かけます。実は歩行者や自転車に乗っている人に配慮しているとされています。ボンネットがとても硬いものだと、その衝撃はモロに相手に伝わり、ケガを悪化させる恐れが出てきますが、衝突の際にボンネットがすぐ壊れやすいものだと衝突のエネルギーがダイレクトに伝わらず、被害対象へのダメージを軽減してくれます。こうしたクラッシュ性能を最近の新型車両にはつけています。

車体が軽くなることで、燃費が良くなり、クラッシュ性能に配慮できるというのが特徴ですが、あくまでそれはメーカー側の言い分であり、実際どうなのかは車の情報誌などでチェックしなくてはわかりません。また、自動車ディーラーなどにそのあたりのことを聞いてみるのもいいでしょう。

安全運転が基本!シートベルトの着用の必要性

車に乗る時に必ず着用する必要があるのがシートベルトです。シートベルトは義務ですので、もし付けていない場合は違反にもなってしまいますし、取り締まりによって捕まってしまうことにもなり兼ねません。
シートベルトの必要性は事故を起こした時に自分を守る為の一言に尽きます。付けていない状態ですと、もし事故に遭った時にも体を支えることができず、車内のどこかに頭や体をぶつけてしまったり、時には車外にまで放り出されてしまうようなことがあります。きちんと付ければそのような被害を未然に防ぐことができますし、過去に起こった事故の中にもシートベルトさえ付けていれば助かった可能性が高いと言われているケースも多いのです。もし付けていないと致死率が付けている時の13倍も高くなるとも言われている位ですので、安全の為にも確実にシートベルトを付けるようにしなければいけません。
そして忘れてはいけないのが後部座席に座っている時にも付ける必要があることです。以前は後部座席にいる時には付けなくても良いとされていたのですが、平成20年から全席付けるのが義務化されていますので、自家用車だろうとタクシーだろうと後部座席に乗る時には忘れてはいけないのです。

免許を取って……あとは何をすればいい?運転に必要な準備

}PgžxQ晴れて免許を取得することができれば、当然ですが車を運転することができるわけです。
ただ、そのためにはどんな準備をすればいいのか、よく分からない人も多いかもしれません。
もちろん、運転するためには車が必要なので、どういった車を購入するのか、そのあたりの下調べも必要になるでしょう。
また、保険に関することもしっかりと調べておくべきですし、任意保険であっても加入を検討した方がいいと言えます。
その後、そういったことも全て済ませて、車の方も購入したのであれば、いよいよ運転をすることになるわけです。
ただ、その前にもう少しだけ準備をしておきたいところです。
もう一度、交通ルールの再確認をして、車の点検や操作方法なども、改めて確認しておくようにしましょう。
また、最初のうちはよく知っている道を走り、できれば事前にルートを計画しておき、安全な状態で運転できるように準備しておきましょう。
あとは、初心者に見落としがちなのですが、飲酒運転はもちろんNGなのですが、お酒が多く含まれている物を食べた場合でも、規定値を超えるアルコールが検出される場合があります。
そのため、事前にそういった物を食べないように注意することも必要になってきます。