最近の投稿

Archive for 5月, 2016

オイルフィルターの交換について

エンジンオイルの交換は、走行距離が少ない人であっても定期的に必要となります。走行することでもエンジンオイルは劣化しますが、動かさずにそのまま置いておいても、程度の違いこそあれ、エンジンオイルは劣化していくのがその理由となります。それでは、オイルフィルターの交換はどのくらいのタイミングでしたらよいのでしょうか。ここでは、オイルフィルターの交換について説明します。
そもそも、オイルフィルターは、エンジンオイルが各部品のを循環する際に、オイルに混じったゴミなどの不純物を除去し、きれいなエンジンオイルが循環できるようにする為の部品です。つまり、エンジンオイルの劣化や汚れに伴って、劣化したり、本来の機能を発揮できなくなるものと考えることができます。
それでは、その交換サイクルについてですが、まず、あまりエンジンオイルを交換しない人。例えば、年に1回くらいしかエンジンオイルを交換しない人の場合は、エンジンオイルの交換の都度、オイルフィルターも交換することがよいでしょう。次に、年に3~4回エンジンオイルを交換する人であれば、エンジンオイルを交換するうちの2回に1回交換しておくのがよいでしょう。
エンジンオイルをきれいに循環させるためについているオイルフィルターです。機能が発揮できる期間で定期的に交換する様に心がけておくとよいでしょう。

エンジンオイルの劣化について

デスク01エンジンオイルを交換せずに使い続けると、オイルが劣化して来ます。これは人間に例えればサラサラの血液が、濁ってドロドロの血液になっているようなものです。そのまま使っているとエンジンの回転に支障を来し、エンジンの劣化に繋がります。
高いエンジンオイルを使って、オイルの交換時期を伸ばして使い続ける方もみえますが、止めた方が良いでしょう。ドロドロの血液で活動し続けた人間が、動脈硬化を起こし、合併症から脳梗塞や心筋梗塞を起こすように、劣化したエンジンオイルを使い続ける事は危険です。むしろ安いエンジンオイルでも良いので、こまめにオイル交換やエレメント交換を行っていく方が良いでしょう。普段ボディ磨きをこまめにされたりする方はよく見かけますが、せっかく免許証をとる時に習ったのですから、オイルの様子についてもこまめに見てみる事をお勧めします。要は習慣の一部としてボディを磨くついでに、オイルの様子も見ておけば良いのです。それで自分自身の事故が減らせる訳ですから、意外と重要な事なのです。またオイルでより良いのは、メーカーが推奨しているエンジンオイルを使い続ける事だと言われています。やはり様々なオイルが混ざり合うのは良い事ではありませんから、当然と言えましょう。

オイルの選び方について

車が走行するにはエンジンオイルが必要です。品質の善し悪しによって、エンジンにかかる負担やガソリンの消費量は変わります。しかし、そのようなことを知らずに、適当な選び方をしている人は非常に多いです。選ぶ時にはいくつかのポイントがあります。まず形式によって、適しているオイルは違うのです。
例えば、ハイブリットカーの場合は、年度が低いものが良いです。粘度が高いものを選ぶと燃費が悪くなってしまいます。その他にもスポーツカーの色選ぶときには注意が必要です。通常の形式よりエンジンが活発に動くためエンジン周りの温度が非常に高くなります。そのため、熱に弱いものを選んでしまうと、エンジンに大きな負荷がかかってしまいます。そのため、なるべく耐熱性の高いものを選ぶことが望ましいです。このように型式ごとに適したものを選ばなければ、ダメージを与えたり、必要以上に燃費が悪くなったりしてしまいます。
製造方法はいくつかありますが、購入するときにはそれほど気にする必要はありません。しかし、値段だけを見て選ぶのはよくありません。型式を考慮するほか、製造年月日等を見ておくと良いでしょう。当然ですが、なるべく新しいものの方が良いです。

エンジンオイルの点検と交換について

ダイニング01運転等の扱い方により異なりますが、新車から数万キロメートル位の距離を走った場合は日常点検と距離数に応じたエンジンオイルの交換をします。ディーラー等で行うと次回の予定距離数を教えてくれますので参考にします。日常点検ではゲージの印で判断をしますが、運転停止直後と数時間経った時では多少違いますので注意します。運転中及び運転停止直後はシリンダーやピストンにオイルが付いています。その状態の時のゲージの位置を確認する方が良いです。数時間経った時に確認した位置は僅かですが目盛りが多めになっています。運転するとエンジンオイルはガソリンと一緒に燃えて排気されますので段々と少なくなって来ます。その場合はエンジンオイルを追加しますが、追加した後で少しエンジンをかけた後でゲージを確認すると良いです。十万キロメートル位の距離を走った場合はエンジンオイルの消耗が激しくなって来ます。日常点検は勿論のことですが、ゲージの下の印になったら劣化の状態を見ます。色が黒く粘り気が無くなったら交換します。又は劣化がまだ進んでいない時は追加をします。消耗が2、3ヶ月位でゲージの下の印になる様ですとエンジンオイルを追加するだけで充分の場合があります。ディーラーやモータースの方に聞いて判断をします。但し、劣化が進んでいる時は交換する方が良いです。

水平対向エンジンとは

車のごく一般的なエンジンは直列型が主流となっており、これはシリンダーを真っ直ぐに並べてそのシリンダー内をピストンが上下に往復運動します。これとは違い、シリンダーをV字型にマウントしたエンジンをV型エンジンと称します。これは多気筒型されたエンジンをコンパクトにするには有利なエンジン設計となります。日本では大排気量エンジンに多く採用されます。このV型の角度を広げて行き、180度まで寝かせた状態が水平対向エンジンと称します。
水平対向エンジンの特徴は、直列型やV型エンジンと比較するとピストンの動きが上下や斜め上下に動くのと異なり、水平に且つシンメトリーに動くことで振動が少ないと言うメリットがあります。ピストンの動きが水平で、ちょうどボクシングのグローブの動きに見える事からボクサーエンジンとも称されます。
また、エンジン自体に高さが必要ないため、低重心であることも安定性と言う面で有利な条件です。水平対向エンジンを主流として販売しているカーメーカーは日本ではスバルが有名です。これはかつて零戦用のエンジンとして開発していた技術であり、これが原点となっております。海外に目を向けるとポルシェもこのエンジンレイアウトを多く採用しているのが特徴です。

V型エンジンとは

}PgžxQV型エンジンは、シリンダーヘッドが左右に分かれていて、シリンダーをV字型に配置したエンジンで、バンク角はメーカーによって多くの種類があります。
また、左右のシリンダーにあるコンロッドが、共通のクランクピンを使用するエンジンはV型と呼び、バンク角が180°のエンジンは左右で共通のクランクピンを使用している場合は、構造上V型エンジンとなり水平対向エンジンとは異なります。
現在発売されている自動車に搭載されているV型エンジンは、V6、V8、V10、V12があります。
V型エンジンのメリットは、多気筒のエンジンの場合、幅は広くなりますが全長は短くでき、エンジンスペースを有効に利用する事ができます。
また、エンジンの長さが短くなるのでクランクシャフトも短く設計でき、剛性面で優位性があり、構造上、一次振動が理論的には打ち消されるので低振動のエンジンになります。
V型エンジンのデメリットは、一般的な直列エンジンと比較すると、複雑な構造になっているので、重量が増え、メンテナンス性が悪くなる傾向にあります。
また、エンジン自体の構造が複雑なため、吸気系や排気系のレイアウトが制限されてしまう場合があり、排気系のレイアウト次第では、不等間隔爆発を起こしてしまう場合があります。

横置き直列エンジンとは

横置き直列エンジンはFFに多く見られる方法です。対してFRでは多くが縦置き直列エンジンを採用しています。これはひとえにエンジンと駆動系の位置関係に起因しています。FFでは、エンジンを横置きとした場合、クランクシャフトと駆動軸を平行にできます。更にエンジンとトランスミッションも横に並べること(ほぼ一体化)ができます。これらにより、部品点数が減少すると同時に動力の伝達が簡単に行えるようになります。また、トランスミッションがキャビン下に侵入することもありませんから、運転席スペースが拡大する効果も得られます。仮にFFでエンジンを縦に置いた場合、クランクシャフトは駆動軸に対し直角に位置することになり、回転方向を変えなくてはならなくなります。対してFRの場合は、クランクシャフトとプロペラシャフトの回転を同軸にし、間にトランスミッションを配置することから、必然的に縦置きエンジンとなります。実はエンジンの配置の仕方は、車の運動性能にも影響する部分です。FFにおける横置き直列エンジンは前述のようなメリットはあるものの、エンジン、トランスミッション等、重要な部分がフロントに集中するため、良好な前後重量バランスを得られない、アンダーステアが出やすい、トルクステアが出やすいといったデメリットもあります。対して縦置き直列エンジンのFRは、良好な前後重量バランスを得ることができ、ひいては高い運動性能を得ることができます。尚、FFの縦置き直列エンジンも存在しないわけではなく、過去には何台かありましたが、やはりレイアウトに無理があったのか、現在では一部モデルを残して軒並み消滅しています。

縦置き直列エンジンとは

テーブルエンジンには多様な構造があります。その中でもシリンダーが一直線に配置されているものを直列エンジンと呼びます。直列エンジンには直列型4気筒や直列型6気筒などがあり、縦に配置したものが縦置き直列エンジンとなります。「縦置き」という言い方をするのはシリンダーが進行方向に対し縦に配置されているためです。縦置きだとエンジンからミッションやドライブシャフトまでを直線的に配置できるためバランスがとれているという利点があります。4気筒までは横置きもありますが6気筒のメインは縦置きです。6気筒以上のものだとエンジンが長くなり、エンジンルームを広くする必要があるため、6気筒を超えるエンジンの場合には大きさを抑えられるV型エンジンにするのが主流です。そのため6気筒を超えるエンジンで直列のものは多くはないと言えるでしょう。またこの型のエンジンでは気筒の数が増えるほど振動を抑えることが出来るため、ラグジュアリーなドライビングを楽しめますが、一方でエンジンが長くなるので車両の重量が増えるという傾向があります。フロントにエンジンがある場合はエンジンルームが大きくなるため運転がしにくいというデメリットがあげられます。

エンジンの形の違いについて

エンジンには、直列やV型など形の違いがあります。
そして、それぞれにいくつかの種類があります。
「直列3気筒」は、三つのシリンダーが並んだ形をしており、特に軽自動車によく使われています。
「スペースをとらない」「コストが低い」「同排気量の4気筒より、燃費が上」などの利点があります。
「4気筒より振動が大きく、音の質も悪い」という難点もありますが、最近は振動を軽減する仕組みが導入されているため、この点はかなりクリアされているといえます。
「V型6気筒」は、六つの気筒が三つずつ、「V」の字に並んだ形をしています。
その分、直列6気筒と比べると、全長が長くなっています。
2000cc~4000cc弱の排気量でよく使われています。
「直列6気筒ほどの剛性を必要としない」「室内のスペースをとりやすい」などの利点がありますが、直列6気筒よりも仕組みが複雑なため、重くなるなどの難点があります。
「直列2気筒」は、振動とビートが特徴です。
かなり強い振動ではありますが、好みだという人も少なくありません。
ステアリングに伝わって来ることもありませんし、アクセルワーク自体は自然なので、運転のしやすさはむしろよいほうとさえいえます。

エンジンをもっと知っておこう

ソファーとテーブル日常生活の移動手段として、最近またマイカーが見直されていますが、通勤や趣味の貴重な道具としても活発に使用されています。購入時には多くの方が見た目のイメージで決める場合となりますが、実際のところはエンジン等の制御装置にも目を光らせておくことが重要です。ドライバーの自覚を今一度確認して、適切な交通ルールを守ることができれば、エンジンの効率を低下させにくいような方向にも期待が持てるため、結果的にはお得な環境を実現させることにもなります。マイカーに関する知識や情報を知る手段を考えてみるようにする意識も、これからの時代は特に必要な事柄になるので、トラブルに遭遇した場合の対処法なども併せて見ておくことが大事なのです。
一方でエンジンの仕組みを知れば、運転に対する心構えや意識が変わると見られています。現在主流になっているガソリンは排気ガスの影響があることから、近々ハイブリッドへの移行が検討されているのです。また燃料費を削減することにもつながるため、高性能かつ環境に優しいエンジンは、将来的には重宝される方向性が確認されています。次回の車検の際には、新たにハイブリッドタイプを購入を検討していく部分へ言及することが大切です。