最近の投稿

安全性レベルはどのくらい?天然ガス自動車

天然ガス自動車が搭載しているエンジンの構造は、燃料供給系のほかに違いはありません。点検やメンテナンスの面でも、燃料容器や燃料系についての点検が違う以外には、おおよそのところ変わりはありません。燃料の天然ガスは、20MPaの高圧に圧縮されてガス容器に充填されることになります。圧縮天然ガス、ガス容器から燃料配管を通り、減圧弁を経てエンジン側に供給されます。天然ガスの事故などのニュースは目にすることがありますので、危険なものといったイメージを持っている消費者も少なくありません。実際に天然ガスの事故は、大事故に繋がる傾向にあることから、そこで消極的になってしまう消費者も多く見られます。しかし天然ガス自動車は、燃料供給系において、過流防止弁や安全弁、主止弁、逆止弁といった安全装置が幾重にも設置されています。重要部品となる燃料容器や遮断弁等は、衝突が起こった時に影響が小さく、損傷する恐れが極力少ない場所に付けられています。装置一つ一つ、設計上の用心によって、従来の車と同じだけの高い安全性レベルが確保されています。現時点でインフラが整っていないなどの問題はありますが、排気ガスがクリーンで静粛性に富むなどの優位性によって、ますます期待されるものになっています。}PgžxQ

Comments are closed.