最近の投稿

バックフォグランプの使い方

バックフォグランプは、濃霧や豪雨が発生して視界が制限されている状況下で後方を走行する車両に自車の存在を知らせるために設置されるランプです。基本的に同じく後方部にテールランプやブレーキランプなどよりも明るい赤色であったりすることも多い特徴があります。

特に外国車には、濃霧などの視界を遮る気象条件が発生することも多く、搭載されているケースも多いです。日本車でも一部の車種では搭載されていることもあります。

ただバックフォグランプの点灯は、濃霧などの視界を遮る状況がない場合で使用すると後続車を運転する人にとってはまぶしかったり、場合によってはブレーキランプと誤認する可能性があります。そして、それが元となり見間違いを起こし事故などに繋がったりすることもあります。

また後続を走行する車の運転者にとって迷惑を感じることも多く、ストレスを感じる原因となってしまいます。バックフォグランプは、スイッチで点灯させる仕組みになっていますので、視界を遮る気象条件でなければ、極力点灯させないのがマナーとなります。

最近は自車をアピールするためのファッションの一部としても採用されているケースがありますが、視界が悪い悪天候以外は点けないのが適切な利用の仕方となります。

 

 

Comments are closed.