最近の投稿

ボディーが軽量化!最近の新型車両の特徴

最近、燃費が良くなったことをアピールする車を多く見かけますが、もちろんエンジン性能が向上したということもあるにせよ、一番の要因はボディーの軽量化です。特に軽自動車では無駄な部分を極力排除し、軽量化に取り組み、燃費の向上につなげてきました。このように、車体を減らし、魅力あふれる車にしようとしていますが、他にもこうする理由があるのです。

例えば、車が事故を起こした時、車のボンネットが大破しているようなケースをよく見かけます。実は歩行者や自転車に乗っている人に配慮しているとされています。ボンネットがとても硬いものだと、その衝撃はモロに相手に伝わり、ケガを悪化させる恐れが出てきますが、衝突の際にボンネットがすぐ壊れやすいものだと衝突のエネルギーがダイレクトに伝わらず、被害対象へのダメージを軽減してくれます。こうしたクラッシュ性能を最近の新型車両にはつけています。

車体が軽くなることで、燃費が良くなり、クラッシュ性能に配慮できるというのが特徴ですが、あくまでそれはメーカー側の言い分であり、実際どうなのかは車の情報誌などでチェックしなくてはわかりません。また、自動車ディーラーなどにそのあたりのことを聞いてみるのもいいでしょう。

Comments are closed.