最近の投稿

クリーンディーゼル車を保持するメリット

ディーゼルエンジン車は日本ではあまり人気がありません。理由としてはディーゼル車が多かった時代によくあった黒い煙のようです。また、ディーゼル車は燃料費が安いがパワーが足りなく、振動が多くて乗りづらいとも言われてきました。しかし、クリーンディーゼルが販売されるようになるとこれまでのディーゼルのイメージを払拭したようです。このディーゼルエンジンは燃料の扱い方が違います。これまでは空気と混ぜた後、エンジンの回転数に合わせてすべてのシリンダーに同じ量の燃料を入れていました。しかし、適正な量が入っていなければ不完全燃焼が起こり、ディーゼルエンジンの困った問題である黒い煙が大量に出てしまいます。そこで燃料の噴出量をシリンダーごとに調整する機構がついたディーゼルエンジンをクリーンと呼んでいます。ディーゼルエンジンは燃費の面で有利ですが、クリーンはさらによくなっています。そのため、黒鉛も少なく、振動も少なくなったことで所有し続けるメリットがあります。また、新車で購入した場合には3年間の税制猶予もありますし、基準を満たせばさらに多くの補助が用意されていることもあり、購入時に安く買えるチャンスが増えています。

Comments are closed.