最近の投稿

ハザードランプの使い方

ハザードランプは車体後方にある黄色の灯火を点滅させることです。ウインカーでは左右どちらかの黄色灯火が点滅しますが、ハザードランプは両方が点滅します。主に車内にある赤い三角形のボタンを押すことによって点滅させることができ、もう一度押すことで解除できます。
道路交通法では路肩への停車中や緊急時に点滅させなければならない場面がありますが、最近では車同士の意思疎通で利用されることが多くなっています。
信号機のない合流道路では本車線を走る車も合流車線を走る車もスピードが出ているため、合流車だけでなく周囲の車の気配りしだいで事故を防ぐこともできます。このとき、車間を開けてもらい合流に協力してくれた車に対し感謝の意をこめてハザードランプを点滅させることがあります。
また、駐車場において前進駐車が難しい駐車場では後退駐車が必要になります。しかし、後続車がいた場合は急に後退をはじめると事故の可能性があるため、あらかじめハザードランプを点滅させておいて後退駐車を知らせる使い方もあります。
これらは道路交通法において規定されているわけではありませんが、事故を防止するためのカーコミュニケーションとして多様な使い方をされるようになりました。

Comments are closed.