最近の投稿

車についているランプの役割と種類について

}PgžxQ自動車には、夜間走行や悪天候時、意思表示などを示すために、いろいろなランプ類が使用されていて、それぞれ役割が異なります。
ヘッドライトは大きな光量を発生させるライトで、夜間走行や悪天候時などに視界確保と他車や歩行者などに自分の存在を知らせます。
車幅灯は、日没前の薄暗い時や夜間の路上停車時など、他車や歩行者に車幅を知らせるために点灯する小さなライトです。
ウィンカーは、曲がる方向を示すために使用するライトで、オレンジ色と定められていて、点滅する仕組みになっています。
フォグライトは、濃霧などで視界が制限された時に使用するライトで、主に周囲を照射します。
テールランプは、後続車に自車の位置を知らせるためのライトで赤色と定められていて、ブレーキを踏むとやや強めに赤く発光するブレーキランプと一体化されている場合もあります。
ハイマウントストップランプは、ブレーキランプの一種で、後方からの視認性をより高めることを目的として設置されています。
バックアップライトは、バックギアに入れた時に白く光り、後方視界の確保と意思表示などの役割があります。
ナンバー灯 は、ナンバーを照らす白いライトで、後方のみ設置されています。
車内灯は、車内やドアを開けた時など点灯するライトです。

Comments are closed.