最近の投稿

車の最後尾にある赤色のランプの役割と使い方

一般的な自動車で国内で走行させることのできる車種の場合では、車の最後尾にある赤色のランプを見ることができます。国内ではどの車種であっても取り付けられているものになり、尾灯という名称を用いる場面がありますが、現在ではテールランプと呼ぶことが多い傾向にあります。テールランプの役割については、運転者本人は確認できる位置にありませんが、一般的には後続車両に車両の存在を知ってもらう役割になります。特に夜間走行を行っている場合では、重要なパーツとして用いられていることになり、スモールライトを点灯させた時点で連動する形でテールランプも発光するタイプが多いものです。現在ではより一層視認性を高めることを目的にして、LEDなどを活用しているテールランプも見ることができます。ランプ周囲には反射板などが設置されていることも多く、昼間であっても視認性を高める効果があり、夜間であっても後続車のヘッドライトによって反射する能力も備わっていることになります。欧州車に多く見られるものとしては、テール用のフォグランプなども見ることができ、このタイプでは視界不良の道路状況であっても後方を走行している車両に存在を報せることに役立っています。

Comments are closed.