最近の投稿

未使用車を購入するメリットとデメリットについて

未使用車とは、ディーラーのショールームなどで主に展示用として用いられていた車で、それほど走行距離が出ていない車のことを言います。モデルチェンジなどで分類上は中古車として市場に出回りますが、「新古車」とか「未使用車」ということで販売されます。この未使用車を購入するメリットは、何といってもほとんど走行距離がないにも関わらず、中古車と同じ値段で入手することができるということです。もちろん展示車として用いられていた場合は不特定多数の方が運転席や助手席などに乗り込んでいたことが考えられるのですが、一般の中古車に比べればほとんど新車に近いコンディションであることが大きな魅力です。特に展示車であるならば、車の心臓部であるエンジンやトランスミッションはほぼ無使用に近い状態であるため、これを購入できるということは非常にラッキーだと考えることができるでしょう。一方で、車のグレードやメーカーオプションなど工場出荷時に装着する必要のあるアクセサリーについては自分の好みで選択する自由を諦めざるを得ないというデメリットがあります。つまりボディカラーや内装などについては現状のまま満足するしかないということになります。

Comments are closed.