最近の投稿

知らなかった!道路における交通の円滑を促すために

車を走らせている時にドライバーが頻繁に感じる事は、渋滞の問題なのではないでしょうか。この問題を感じるドライバーはかなり多く、それが運転上のストレスになって、時には無理な運転に繋がってしまうケースがあります。そうしますと、それが直接事故に発展するかも知れないので、ある程度スムーズな流れを作っていく事が色々な所に求められ低増す。国は道を管理する立場となりますから、交通の流れをできるだけ円滑にしていくような配慮をしていかなければなりません。新しい道を作るのも仕事の一つですが、法律によってルールを制定する事も国の仕事となります。このような事を国にばかり任せていても、良くはありません。決められたルールを守って走行を続けるのは、他の誰でも無く私たち一人ひとりのドライバーに掛かっています。まずは、走行位置をそれぞれに守って、お互いが気持ち良くスムーズに走行できるように配慮をしなければなりません。乗用車は左車線を走りますが、自転車は左車線の中でもかなり左寄りにします。同じ左車線でも走行位置を変える事で、接触事故を防げる訳です。その他にも、緊急車両がきた時の為に、一番右側の車線を平素から空けておく事も重要です。

Comments are closed.