最近の投稿

使用頻度が高いウィンカーの役割と使い方

運転中は右左折や車線変更、お店などへの駐車場に入ることがありますが、その際に確実に点灯させる必要があるのがウィンカーです。自分がどのように動くのかを周囲に知らせる為のサインですので、きちんと点灯させないと時には事故に繋がってしまうことがあるのです。
ウィンカーの使い方ですが、基本的には曲がる30m手前、車線変更をする3秒前という風に決まっていますので、決まりを守って使うことが大切です。きちんとサインを出すことによってこれからブレーキを踏むということも知らせることができますのでしっかりと点灯させるようにしましょう。
ただし運転中のシチュエーションというのは様々で、ルール通りに点灯させてしまうと却って危険になることがあります。
例えばスピードが出ている状態の時に30m手間でウィンカーを出しても遅いと言えます。特に後続車が近かったりする場合、止まり切れない可能性がありますので、もっと早くから点灯させた方が良いことがあるのです。
他にも曲がりたい交差点の手前に駐車場がある場合、時には駐車場に入る為のウィンカーと勘違いされてしまうことがあります。その為、駐車場から出ようとしている車が飛び出してくるようなこともあるのです。そういった場合はその車を通り過ぎてからウィンカーを出すなどした方が良いこともありますし、シチュエーションに合わせて臨機応変に対応しなければいけません。

Comments are closed.