最近の投稿

ストップランプの使い方

普段、ドライブをするときほとんど意識していないのがストップランプかもしれません。ブレーキを踏むと自動的に点灯するランプです。ドライバーがあまり意識することはなくても、非常に重要な役割を担っているのがこのストップランプで、このランプのおかげで、後方を走っているクルマから追突される危険を軽減させることができるのです。

後方を走っているクルマは、前方を走るクルマが減速したとき、それをすぐに判断することができません。そのために追突のリスクは生じます。しかし、ストップランプが明るく点灯すると、それにより後方のドライバーは注意が喚起され、前方を走るクルマが減速したことがわかります。そして、前方のクルマとの距離を計算しながらそれに合わせて減速していくことができます。

このストップランプがどれほど大きな効果があるかということは、テールライトと一体になったランプの他に、さらにリアのエアロパーツに組み込んだり、リアウィンドウの内側に設置したりすることによって、大幅に追突事故が少なくなったというデータからも裏付けられています。そのため日ごろから安全のためにも、ストップランプが切れていないかをチェックすることが大切です。

Comments are closed.