最近の投稿

車外に放り出されない?シートベルトがもたらす安全

交通事故に遭遇したくないと誰しも思うものです。しかし、自分では気を付けて運転しているつもりでも、信号無視や一旦停止を無視したドライバーによって、事故の被害者となってしまう場合があります。では、被害を最小限に食い止めて、自分の命を守るためにはどうすればいいのでしょうか。それは、必ずシートベルトを着用することです。シートベルトの着用は交通法規で定められていますので、どんなに短い距離であったしても必ず守るようにしましょう。では、シートベルトを着用するのはいつからでしょうか。それは、自動車を発進させてから行うのではなく、車に乗り込んだらすぐです。つまり、エンジンをかける前に着用することが大切です。時折、自動車が動いてる状態でシートベルトを着用する人の姿を目にします。自動車が動いている状態ですと、片手でハンドルを操作していることになりますので大変危険です。それで、車に乗ったならすぐに着用しましょう。着用することによって、車外への投げ出しを防ぐことができます。ベルトの着用は、運転手だけはなく助手席さらには、後部座席やチャイルドシートに座っている幼い子供や赤ちゃんもしっかり着用するようにしましょう。

Comments are closed.