最近の投稿

縦置き直列エンジンとは

テーブルエンジンには多様な構造があります。その中でもシリンダーが一直線に配置されているものを直列エンジンと呼びます。直列エンジンには直列型4気筒や直列型6気筒などがあり、縦に配置したものが縦置き直列エンジンとなります。「縦置き」という言い方をするのはシリンダーが進行方向に対し縦に配置されているためです。縦置きだとエンジンからミッションやドライブシャフトまでを直線的に配置できるためバランスがとれているという利点があります。4気筒までは横置きもありますが6気筒のメインは縦置きです。6気筒以上のものだとエンジンが長くなり、エンジンルームを広くする必要があるため、6気筒を超えるエンジンの場合には大きさを抑えられるV型エンジンにするのが主流です。そのため6気筒を超えるエンジンで直列のものは多くはないと言えるでしょう。またこの型のエンジンでは気筒の数が増えるほど振動を抑えることが出来るため、ラグジュアリーなドライビングを楽しめますが、一方でエンジンが長くなるので車両の重量が増えるという傾向があります。フロントにエンジンがある場合はエンジンルームが大きくなるため運転がしにくいというデメリットがあげられます。

Comments are closed.