最近の投稿

横置き直列エンジンとは

横置き直列エンジンはFFに多く見られる方法です。対してFRでは多くが縦置き直列エンジンを採用しています。これはひとえにエンジンと駆動系の位置関係に起因しています。FFでは、エンジンを横置きとした場合、クランクシャフトと駆動軸を平行にできます。更にエンジンとトランスミッションも横に並べること(ほぼ一体化)ができます。これらにより、部品点数が減少すると同時に動力の伝達が簡単に行えるようになります。また、トランスミッションがキャビン下に侵入することもありませんから、運転席スペースが拡大する効果も得られます。仮にFFでエンジンを縦に置いた場合、クランクシャフトは駆動軸に対し直角に位置することになり、回転方向を変えなくてはならなくなります。対してFRの場合は、クランクシャフトとプロペラシャフトの回転を同軸にし、間にトランスミッションを配置することから、必然的に縦置きエンジンとなります。実はエンジンの配置の仕方は、車の運動性能にも影響する部分です。FFにおける横置き直列エンジンは前述のようなメリットはあるものの、エンジン、トランスミッション等、重要な部分がフロントに集中するため、良好な前後重量バランスを得られない、アンダーステアが出やすい、トルクステアが出やすいといったデメリットもあります。対して縦置き直列エンジンのFRは、良好な前後重量バランスを得ることができ、ひいては高い運動性能を得ることができます。尚、FFの縦置き直列エンジンも存在しないわけではなく、過去には何台かありましたが、やはりレイアウトに無理があったのか、現在では一部モデルを残して軒並み消滅しています。

Comments are closed.