最近の投稿

実は大切!道路交通法が作られた理由

道路交通法が作られたのは、もちろん事故を起こさないため、未然に事故を防ぐことが1番の目的だと言えます。
したがって、もし道路交通法に違反をすれば、厳しい罰則を受けることになるので、それによって違反者を減らすことができ、その結果事故の数も減少をするのです。
ただ、道路交通法が作れた理由として、もう1つ大きな目的があるのです。
それは、もし事故の被害に遭ってしまった時に、泣き寝入りをしないようにするため、被害者がしっかりと補償を受けられるようするためでもあるのです。
もちろん、事故が起きないのが1番の理想ではありますが、それでも事故が起きてしまうこともあるのです。
大切なのは、もし事故が起きてしまった時に、しっかりと適切な対処ができるよう法整備をすることなのです。
もし法律に不備があれば、例えばひき逃げをした方が罪が軽くなったり、その場で自首しない方が得をしたりするなど、明らかに不公平な事象が生じる可能性もあるのです。
それを防ぐためにも、道路交通法でしっかりと規定を設けて、事故を起こした側をしっかりと罰せられるようにし、事故の被害者側が報われるようにしたわけです。
もちろん、まだまだ道路交通法には課題や改善点もあるので、さらなる見直しも重要になってきます。

Comments are closed.